ゲイ 小説 先輩

ゲイ 小説 先輩

ゲイ 小説 先輩



【R18】 ―僕は井出夏輝24歳。 新宿二丁目のゲイバーで働いている。 ある日、一本の電話が僕の人生を変えた― 笑いあり、涙あり、ドラマあり! 男同士のリアルな恋愛事情。

K先輩は、野獣のように俺のケツを掘って俺は失神寸前でした。 ケツからは、さっき塗られた精子がドロドロになって流れ出し、先輩の汗と俺の汗でもうグチャグチャでした。 K先輩は結局、その後2発俺の中でイッて俺も最後にトコロテンしました。

先輩のザーメンは俺の3日ためたときの10倍以上はあった・・・ 「一日もためてね^よ!」 「意味わからないっすよ! やっぱそのデカイ玉にいっぱいたまってるんすかね?」 先輩の玉は 卵ぐらいのでかさがあった。 「そうだなーまぁ100ccはでるからな!

【無料ゲイ小説】気になる先輩 第1話「告白」 僕は山崎慎平、今の会社に入社して5年になる。 僕には気になる人がいる、それは同じ会社の佐藤先輩だ。

最初はこんなところにいるはずじゃなかったはずだ。高校まで地域のラグビーサークルでフロントをやってたこの俺は、大学に受かったら念願の体育会で走り回るとばかり思ってたんだ。 俺、西口雄三、身長174センチ、体重89キロ。リーグ戦に出るわけでもなく体力づくりを中心にした …

先輩は卒業後、確か市役所に就職し、その2年後に俺は東京の大学へと進学した。 入部の日に笑いかけてくれた先輩・・・。引退式のときにつけてもらった稽古・・・。 ... 三太のゲイ小説サイ …

ガチ系ゲイ小説の配信ブログ。男達による恋模様を綴った様々な物語。 親友や同僚、先輩や先生への憧れは、いつしか恋心に変わる。秘めた想いをこの胸に流星は夜空を駆け巡る! エロいエッセンスも加えたオリジナル小説を東山院アキラが執筆中。

ゲイ小説を書いています。俺達は恋に悩み、夢を追いかける! ... 峰岸先輩は負けず嫌いの自信家、でも本当は熱血兄貴タイプ。 ある日、競泳でトップの実績を持つ森之宮学園から太陽が転向してくる。 水泳に命を賭ける水南斗と太陽はすぐに意気投合し ...

ですが、最後に紹介する話はゲイ小説っぽくもbl小説っぽくもない不思議な話。 ... 雑誌に載った小説なのに主人公がゲイではない、というのはかなり異色です。実は隠れゲイで先輩のことが好きなんだろ、と思ったけどそうじゃないみたいだし。 ...

ゲイ 小説 先輩 ⭐ LINK ✅ ゲイ 小説 先輩

Read more about ゲイ 小説 先輩.

7
8
9

Comments:
Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Guest

You can't turn back the clock--But you can wind it up again.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu